ホーム 製品ジョークラッシャーマシン

建築工業の石灰石の粉砕機のための機械ERJ-E顎粉砕機を押しつぶすこと

認証
良い品質 インパクトロッククラッシャー 販売のため
良い品質 インパクトロッククラッシャー 販売のため
顧客の検討
ERUNを使用すること非常に幸せ私達は彼らの専門の仕事、協同への感謝のために印象づけられます!

—— ポール ロイド

私達は私達の金の鉱石の製造業、それのための顎粉砕機を完全に働きます買いました。

—— Randall Chaves

私は今すぐオンラインチャットです

建築工業の石灰石の粉砕機のための機械ERJ-E顎粉砕機を押しつぶすこと

中国 建築工業の石灰石の粉砕機のための機械ERJ-E顎粉砕機を押しつぶすこと サプライヤー

大画像 :  建築工業の石灰石の粉砕機のための機械ERJ-E顎粉砕機を押しつぶすこと

商品の詳細:

起源の場所: 中国
ブランド名: ERUN
証明: CE / ISO9001:2008
Model Number: ER series

お支払配送条件:

Minimum Order Quantity: 1 Set
価格: Negotiation
Packaging Details: wooden case + pallet
Delivery Time: 30 working days
Supply Ability: 1 Set per month
Contact Now
詳細製品概要
最高の圧縮の強さ: 320MPa 供給のサイズ: 500-1000 (mm)
供給の入り口: 910×630 | 1520×1220 (mm) 維持: 簡単に
応用材料: 石灰石、媒体硬度の鉄鋼、長石、等。 カスタマイズ: 利用可能
スペアパーツ: 利用可能 のODM / OEM: 利用可能

導入

顎粉砕機は私の物、冶金学、建築材料、ハイウェー、鉄道、水保護および化学でいろいろな種類の鉱石および大きい材料の媒体粒度の押しつぶすことのために主に使用されます。押しつぶされるべき材料の最高の圧縮の強さは320MPaです。

建築工業の石灰石の粉砕機のための機械ERJ-E顎粉砕機を押しつぶすこと

 

顎粉砕機は非常に早く研究され、発達する押しつぶす機械です。簡単な、固体構造によって、信頼できる仕事、容易な維持および修理および低い生産および構造料金のそれは長く圧縮の強さが冶金学、化学、建築材料、発電所および交通機関のような多くの産業部の147~245MPaのさまざまな種類のずっと鉱石および石の粗く、中型良い押しつぶすことのために広く利用されています。

特徴

1。 新しい設計されていた機械は日本の先端技術の適用によって製造されます。
2. 部屋および処理能力を「V」の押しつぶタイプの押しつぶすことはby15-20%正常な押しつぶす部屋と比較された高められます。
3. 排出の開始は油圧を調節しますそれを便利に、急速で高い有効させる単位を適用します。
4. 振動顎の版およびトグルの版は横の偏向を避けるために機能できます。

働き主義

風変りなシャフトを通して振動顎を上下に作る電動機ドライブ ベルトの車輪。振動顎が上がるとき、トグル版と振動顎間の角度はより大きくなり、材料は押しつぶすことができます。振動顎がダウン状態になるとき、トグル版と振動顎間の角度はより小さくなります、振動顎は固定顎の版から移り、それから押しつぶされた材料は押しつぶす部屋のより低い出口から排出されます。

技術的なデータ

モデル
ER
36-25
ER
42-30
ER
48-36
ER
54-42
ER
60-48
最高。供給のサイズ(㎜)
500×700×850
600×800×1000
700×900×1200
850×1100×1400
1000×1300×1700
供給の入り口のサイズ(㎜)
910×630
1070×760
1220×910
1370×1070
1520×1220
Cssの排出の開始/容量(t/h)
50
125
 
 
 
 
75
160
215
280
 
 
100つ
195
260
330
395
 
125
225
305
385
470
530
150
255
345
440
535
620
180
290
390
495
615
720
200
 
420
535
670
785
220
 
 
570
720
850
250
 
 
 
 
950
(kw)
90
110
160
180
220

 

適用

 

適用分野:鉱山、構造、冶金学、セメント、化学工業
応用材料:石灰石、媒体硬度の鉄鋼、長石、等。

連絡先の詳細
Wuhan Erun technology co.,ltd

コンタクトパーソン: Rocky Yao

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)